Archive for 12月, 2010

ダンボールは何故普及したのでしょうか?


2010
12.22

いまではダンボールは様々な形で様々な用途で、様々な場所で広く使用されていますが、どうしてこのように私たちの生活の隅々まで普及したのでしょうか。これには沢山の理由が考えられますが、第一に考えられるのはその柔軟な対応性でしょう。すなわち、どのような形の箱もつくれますから、物を収納するのに極めて柔軟に対応することが出来ます。変形の箱や丸い筒にもなりますから固形物を入れるのに、その対象物に即した入れ物が作れるからです。次に、その軽さがあるでしょう。木材や金属のような重さがありませんから、流通コストなどが削減できますし、手で持ち運びをする際にも重量を気にしなくて良いのです。それから、この重量が軽いわりにはしっかりしていることです。これは限度がありますがかなり重いものをダンボール箱の上に載せてもその重みに耐えることができるのです。重みに耐えることが出来るということはすなわち丈夫だということですから、品物の流通の際の破損の危険性も減ります。何にでも対応して形を変える柔軟性と、比較的軽量であること、そしてその割には頑丈なこと、さらに付け加えれば低コストで入手することが出来るようになったことがこれだけ普及した理由でしょう。