Archive for 3月, 2011

ダンボール生産世界一の国はどこ?


2011
03.18

現在世界一の生産量を誇っているのは中国です。ちなみに日本の生産量は世界3位であり、第2位はアメリカです。生産量は人口と経済流通に比例すると言われており、総人口10億以上と世界最大の人口を誇る中国は、近年の高度成長に比例し生産量が大幅に増加し、従来のアメリカを抜きトップの座に立つことになりました。
ちなみに世界人口2位を誇るインドも、10億以上の総人口を誇っていますが、この生産量は世界第6位であり、日本よりも生産量が少なく、世界経済の発展度を示す特徴として、この生産量を確認する方法もあるぐらい、経済とダンボールの生産量には密接な繋がりがあります。
1位・2位と3位日本の生産量は大幅に差があり、今後日本の生産量が中国やアメリカを抜く事は現実的に考えてありえませんが、日本より人口が多く今後の経済成長が期待されている、インド・ブラジル・ロシアなどは、今後の経済発展状況によっては、日本が生産量を抜かれる可能性は十分に考えられます。
国内では様々な原因から限界のある生産量を増やす事よりも、質を上げることに力を入れており、今後国内のダンボール業界の発展には、アイデア商品などいかに工夫をおこない普及を行なうかが重要な鍵となっているのです。